SURFING MIYAZAKI NANBAN
   サーフィンビデオカメラマンであり JPSA公認プロ ロングボーダーである「野田雅生」のブログです。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

surfingnanban

Author:surfingnanban
野田 雅生(Masao Noda)
1961/2/15 九州宮崎県生
宮崎県宮崎市在住
好きな食べ物:チキン南蛮
好きな飲み物:青汁

地元テレビ局でニュース・制作・中継・CM・スタジオカメラなどマルチカメラマンとして活躍後、独立してサーフィンビデオカメラマンとなる。水中、陸上の撮影、編集、ディレクションを全て一人でこなす。

一方、サーファーとしても現役で、NSAクラス認定テストで、ロングボードクラス1級取得。

2007年度ロングボードの全日本チャンピオン。

NSAロングボードマスタークラス
グランドチャンピオン 3連覇。


JPSAジャパンプロ
サーフィンツアー2010
ロングボード第1戦
スリランカロングボードプロで
49歳でプロ資格取得。

毎年JPSAツアー転戦中!


宮崎を愛しポイントの近くにじっくり腰を下ろしスローライフを家族と共に過ごしている。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

 WBC侍ジャパン最終日
20090222094840

今日は家族と親戚で侍ジャパンと巨人軍との練習試合を見に来ました。
9時30分にサンマリンスタジアムに着ましたが入場チケットが余っていますよ♪観戦したい人は、
11時からの試合なので全然間に合いますよ…(笑)

焼酎

なかなか手に入らない、甕雫の焼酎を誕生日プレゼントでふーたかさんから頂きました。

焼酎

日本の焼酎の製造販売は、明治新政府により1871(明治4)年に届出と免許料納付によるものへと移行しました。その後、1899(明治32)年に自家用酒類が醸造禁止になったことを受けて、届け出たうえでの芋焼酎の製造販売が広まりました。

 製造技法の面では、鹿児島税務監督局の山下筆吉、河内源一郎らが、1911年(大正 2) 年に泡盛に使われる黒麹菌に注目し、普及させたことが重要な変換点をなしています。それまでは、日本酒と同じ米麹(黄色麹菌)を使っていましたが、暑さに弱いため扱いに困ることが多くありました。そこで、クエン酸を多く作り酸度を高くすることで、腐敗を防止する力がある黒麹菌を使うことにより、南九州地方での焼酎製造技術が向上したとされています。さらに、1924(大正13) 年、河内源一郎は黒麹菌を使うことでもろみが着色してしまう欠点を克服するために、黒麹菌の中に生まれる突然変異の白い胞子の物のみを培養し、白麹菌を発見しました。瞬く間に普及したこの菌は、現在でもほとんどの焼酎の製造に使用されています。

 このように明治の終わりから大正にかけて、制度と技術の面で、今の日本の焼酎業界の基礎が固まりました。「甘露」もこのような時代の流れに深く関わりながら生産を続けてきています。

焼酎

いつも飲んでる霧島黒霧から甕雫を飲んで見ると・・・うまーい(飲めば飲むほど)
ヤバイよー・・ 噂には聞いていたけど??

水戸納豆

酒のつまみにと、納豆を頂きました。。
味はあっさり、そして粘りがサイコー 毎月20名様に当たるかな・・

水戸納豆

あんた達いつも、こんなお酒と納豆を食べてんの??!
いつも有難う御座います(ゴ~ン鐘の音)有り方や有り方や^^

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

■宮崎の生活・日記 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2009/02/22(日) 09:48)

<<MIYAZAKI vol.6 | ホーム | WBC>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://surfingnanban.blog50.fc2.com/tb.php/307-20ce1f91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 SURFING MIYAZAKI NANBAN all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア